RandD Management.com  "気づき"と"概念思考"の糸口を探っています。
 北斎・広重 漢字文化 日本語 曼荼羅
 海棲  水母 尾索 鋏角 蜘蛛 動物  樹木
 古事記 酉陽雑俎 魏志倭人伝 ジャータカ 今昔物語集
🍊 橘や 通るは近衛 大納言 夏目漱石
12.2 中巻10代天皇段[「古事記」解釈335]唯一の所収歌検討 →本文
12.1 中巻初代天皇[「古事記」解釈334]段所収歌13首検討 →本文
11.30 上巻所収歌9首[「古事記」解釈333]検討 →本文
11.29 オノマトペは倭[「古事記」解釈332]の体制故の産物 →本文
11.28 日本語文法の祖[「古事記」解釈331]は太安万侶 →本文
11.27 枕詞「つぎねふ」[「古事記」解釈330] →本文
11.26 枕詞「あまだむ」は[「古事記」解釈329]"軽"専用 →本文
11.25 枕詞「つのさはふ」[「古事記」解釈328] →本文
11.24 535年3月13日崩御[「古事記」解釈327]後の記憶 →本文
11.23 [私説]親仏教だが[「古事記」解釈326]心情的反仏教という矛盾 →本文
11.22 万葉集[脱線]「万葉集」巻[「古事記」解釈325]十三の"こもりくの" →本文
11.21 [私説]"こもりくの"[「古事記」解釈324]泊瀬の意義 →本文
11.20 [私説]24・29代御陵[「古事記」解釈323]非記載の意味 →本文
11.19 [私説]片崗御陵時[「古事記」解釈322]代は激動期かも →本文
11.18 [私説]皇統を示す地[「古事記」解釈321]から外された御陵例 →本文
11.17 [私説]小治田宮へ[「古事記」解釈320]の道間の角逐 →本文
11.16 [私説]貝鮹と小貝[「古事記」解釈319]の綽名の意味 →本文
11.15 [私説]竺紫君石井[「古事記」解釈318]の分派活動終焉 →本文
11.14 [私説]「軽物語」は[「古事記」解釈317]極めて非大衆的 →本文
11.13 [私説]"朝臣"称号[「古事記」解釈316]人気を予期していたか →本文
11.12 [私説]カタマラン[「古事記」解釈315]をもご存じ →本文
11.11 80後世の皇統検討[「古事記」解釈314]との比較 →本文
11.10 16-33代天皇下巻に記載の国[「古事記」解釈313]造の祖 →本文

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年〜1999年
【ご注意】サーバ物理移転で2019年上半期以前は過去検索にかからない部分があります。
直感的に読めるよう、文章、段落、西暦年号等、一般記載ルールには従っておりません。
説明不足も多いですが、意味はご想像下さい。
(C)randdmanagement.com